愛されるスマホゲーム > 趣味の領域

趣味の領域


「スマホゲームなんて、暇つぶしの材料だ」と考えている人も多いことでしょう。
実際に、大多数の人は、空き時間ができた時に楽しむもののひとつとして「スマホゲーム」をあげるのではないでしょうか。
確かに、以前はそうしたものだったのでしょうが、現在ではスマホゲームは立派な「趣味」へと昇格しているのです。

どうにも、日本という国は「ゲームが趣味」だと言うと、「クダラナイ」などと返してくる人が多いようですが、楽しんでいる人たちにとっては、囲碁や将棋、カードゲームやチェスなどの古くからあるゲームと変わらず、戦略を考えたり、相手の隙をいかに突くかを考えたりしながら行っているのです。
アナログであれば「高尚」で、デジタル機器やスマホを使っているから「クダラナイ」などということはないのです。

暇つぶしではなく、趣味としてゲームを行っているという人はことのほか多く、どのゲームが優れているか、どういった点が楽しいと感じさせるのかといったことを分析しながらゲームをしている人も少なくなく、そうした情報を、新しく始める人へと提供しているゲーマーもいるのだということを、制作会社は意識して作るべきでしょう。

昔のように、「攻略本」などが提供されることがなくなった分、そうした分析を専門にする、それこそを趣味としているゲーマーも存在していて、そうした人のひと言によってユーザーの反応は大きく変わってくるようになってきたのです。
ですから、ライトユーザーを取り込むための工夫もさることながら、進むにつれ、ハードユーザーにも楽しんでもらえる構造のゲームを作ることが大切であり、そうでなければ口コミによって、直ぐに廃れてしまうかもしれないということを意識する必要があるでしょう。

ですから、これからゲームの配信を始めようと考えている企業は、経験豊富なパートナー企業を選ぶことが大切ですし、上記のようなことを意識できる、「エーステクノロジー」や「Cygames」のような企業をその候補として考えるべきでしょう。